胡蝶蘭をお祝いで贈る由来は?どうして選ばれるのかを解説!

どうして胡蝶蘭をお祝いで贈るの?由来を調べてみた!

 

様々なお祝いの代表的な贈り物として定着している胡蝶蘭
今でも開店祝いなどでずらーっと目立つところに置いてあるのをよく見かけますよね。

 

しかしどうして胡蝶蘭がお祝いに贈られるようになったのでしょうか?

今回はその由来について調べてみました。

 

 

胡蝶蘭を贈るようになった由来ははっきりしない?

調査してみたところ、どうして胡蝶蘭を贈るようになったのかの由来ははっきりとはしていません。ただ贈り物としての歴史は意外と浅く、1980年代から頻繁に贈られるようになりました。

 

これは胡蝶蘭の栽培技術により、一年を通じての出荷が可能になったことが理由です。

 

元々花をお祝いとして贈る文化はありましたし、
その中で一年中花が付いている胡蝶蘭が選ばれるようになったのが、その由来のようです。

 

 

お祝いで胡蝶蘭が選ばれるようになった理由とは?

 

もちろん花が一年中付いているだけが胡蝶蘭が選ばれている理由ではありません。
胡蝶蘭にはお祝いに適している理由があります。

 

 

「幸福が飛んでくる」という花言葉から

 

胡蝶蘭には「幸福が飛んでくる」という花言葉があります。
そのためとても縁起が良い花とされているのが、お祝いにぴったりとされている理由です。

 

開店祝いや移転祝いなど…胡蝶蘭を贈るシーンは新たな物事の始まりを感じさせる場面ばかりです。
そんな時に「幸福が飛んでくる」という花言葉の胡蝶蘭はぴったりと言えるでしょう。

 

 

花が長持ちする!

 

従来お祝いで贈る花は1週間もすれば、枯れてしまうものでした。
しかし胡蝶蘭の花は1ヶ月から長くて3か月程度咲き続けます。

 

贈ってすぐに終わりではなく、長い間美しい姿を保ち続けられるというのが胡蝶蘭が選ばれる理由です。

 

 

花粉が飛ばない

 

胡蝶蘭はほとんど花粉が飛ばずに、どのような場所に飾っても汚れたりすることはありません。また来客の服を汚したりする心配もないので安心と言えます。

 

 

縁起と実用性を兼ね備えたのが胡蝶蘭が選ばれる理由!

 

胡蝶蘭が贈り物として選ばれているのは、
「縁起が良いといういわれ」と「長持ちし、花粉が飛ばないという実用性」を両立するのが理由です。
また花姿が持つ高級感と清楚な姿で目をひくのも人気の理由でしょう。
お祝いとして使われる花は数多くありますが、その中でも優れたものと言えます。

 

そんな高級品の胡蝶蘭ですが、最近では中間マージンを無くして
産地直送のシステムを取ることで価格を抑えた通販で購入する人が増えています。
安いだけでなく、直接相手先に届けることができるので花が長持ちするのも特徴です。

 

贈り物として胡蝶蘭を検討しているなら、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?