お祝いの胡蝶蘭は経費にできる?通販なら便利!

お祝いの胡蝶蘭を経費で計上したい!そんな時のポイント!

 

法人でのお祝い事に胡蝶蘭を贈る機会は意外と多いもの。
開店や新社屋の落成、また昇格、退職祝いなどでは胡蝶蘭は定番の贈り物となっています。

 

そんな法人または個人事業主が贈り物として胡蝶蘭を使った際、
経費としての計上は可能なのでしょうか?

 

調べてみたところ、胡蝶蘭の贈り物はもちろん経費として計上できます。
仕訳上の勘定科目は「交際費」となります。
また合わせて贈る際にかかった送料も交際費として計上できます。

 

 

法人での胡蝶蘭は通販がおすすめ!その理由は?

 

もしあなたが取引先などのお祝いで胡蝶蘭を検討しているなら、
通販を利用すると便利でなおかつ失敗がありません。
その理由を解説していきましょう。

 

支払い方法が柔軟に対応可能!

 

まず通販では様々な支払い方法に対応しています。
現金やクレジットカードをはじめ、法人で需要がある後払いや振込にも対応しています。
もちろん法人での使用の場合に必須の領収書の発行も可能です。

 

 

購入からお届けまで手間無し!

 

胡蝶蘭の通販サイトでは用途別・予算別におすすめの胡蝶蘭を選ぶことができます。
多くの店舗を回って、予算に合う胡蝶蘭をいちいち探す必要もありません。
忙しい中、時間をかけて探す手間もなく、通販なら5分もあれば購入まで完了します。

 

また通販では配送してくれるのも前提となっています。
店舗で配送のために手続きをする必要もありません。

 

購入からお届けまであっという間に済ませられるのが通販のメリットです。

 

 

必須の立て札、ラッピングが無料!

 

通販では贈り物に必須の立て札やラッピングが無料サービスとなっているサイトも多いです。
また正しい立て札の書き方って何となくわかりませんよね。
そんな時でも通販なら、用途に合わせて正しい書き方で立て札を書いてくれます。

 

 

取引先で長持ちする胡蝶蘭を届けられる

 

店舗で陳列されている胡蝶蘭は入荷から時間が経っている場合があります。
高価な胡蝶蘭は入荷後、すぐに売り切れるわけではありません。
その間にも花の寿命は近づいています。

 

通販なら生産者から直接新鮮な胡蝶蘭を届けつことができます。
その分、花を長持ちさせることができます。
せっかくのお祝いの胡蝶蘭、すぐに散ってしまっては恥ずかしい思いをしてしまいます。

 

通販ならそんな失敗がない胡蝶蘭を届けることができます。